以前から噂はありましたが、
いよいよリリースされそうですね。

 

「ゾゾタウン(ZOZOTOWN)」を運営するスタートトゥデイが、かねてからローンチを公言している自社企画のプライベートブランド(PB)について初めての求人募集を始める。前澤友作・社長が自身のツイッターで公表した。構想発表から2年が経ち、いよいよ本格始動が近いようだ。募集するのは生産管理スタッフと品質管理スタッフ、アシス

情報源: ゾゾの独自ブランド本格始動か アパレルの求人開始

 

リリースに向けて管理スタッフの募集が始まりました。

先日はサイトの全面リニューアルのために、
エンジニア、プログラマーを100人単位で募集していましたが、
今回はZOZOのオリジナルブランド用のスタッフ募集です。

 

構想発表から2年とありますが、
オリジナルブランドを発売するために
色々と障害があったかと想像できます。

今、ZOZOTOWNに出店しているブランドとの関係性はどうなるのかとか、
値段はいくらくらいで出すのかとか、
ラインナップは?
メンズ?
レディース?

それらを乗り越えていよいよリリース、
年末から来年2018年が楽しみですね。

「前代未聞の」
とあるので、

3Dプリンタなんか使って、
売れ筋商品はすぐに再生産、
どこにも真似のできないアイテムを出してきそうです。

 

Amazonはアメリカで既にオリジナルブランドを発売してて、
絶好調のようです。

 

洋服の購入もどんどんオンラインへの移行が進んでおり、試着が売りの小売店でも苦戦するところが増えてきました。一方でますます存在感を増しているのがアマゾン。自社プライベートブランドでさらなる拡充を狙っているようです。 ここではアマゾンのアパレル分野でのプライベートブランド(PB)の種類や評判などについてまとめていきます。 …

情報源: 【アマゾン】アパレルのプライベートブランド 種類は?評判は? – 困ったー [日常編]

 

近いうちに日本にも上陸してくるはずなので、
こうなるとZOZOとのガチンコ対決も見ものです。

が、

そうなるとユニクロ以外の日本のアパレルは
蚊帳の外ですね。

いいことなのか悪いことなのか、
私にはなかなか判断できないのが残念です。