去年くらいまでは一部トレンドセッターのみなさんしか着ていなかった
ビッグシルエットのTシャツなどのトップス、

今やライトオンなどのカジュアルストアでも
置かれるようになりました。

ここ数年、
体にぴったり沿ったタイトなシルエット、
もしくはジャストサイズが定番だったので
ダボッとしたゆるいシルエットは新鮮に映ります。

アラフォー世代のおっさんとしても
だらしない体を隠せるので重宝していたんですが、
来年あたり、
もしかしたら流行遅れになってしまうかもしれません。

 

現在のトレンドセッター的存在のVetements。Balenciagaのクリエイティブディレクターも務めているDemna Gvasaliaが、WWDのインタビューに登場し、今後のVetem

情報源: Vetementsのデザイナーが「オーバーサイズのデザインからはもう離れる」と語る – FNMNL (フェノメナル)

 

なんということでしょう。
今のビッグシルエットブームを作った重宝人が

もうやーめた

と言ってます。

ヴェトモンといえば
ストリートとラグジュアリーをミックスして、
オーバーサイズに仕上げたスタイルが特徴のブランド。

ファッションの流行り廃りが早いとはいえ、
この変わり身の速さはさすがです。

ヴェトモンのデザイナー、
デムナ・ヴァザリアは、

「ファッションショーは飽きた」
「自分のブランドは高すぎるから買わない」

などと、
微笑ましい発言をかましてくれる
チャーミングな方です。

今後、来年あたりにまたタイトシルエットに戻るのか、
はたまたヴェトモンはほっといて、
世の他のブランドがビッグシルエットを継続するかどうかは
わかりませんが、

これもファッションの面白さの一つですが、
ファッション業界の外にいる人からしてみれば
全く意味が分からなかいかもしれません。

 

やっぱり流行に左右されない
ベーシックなシルエットが一番ですね。


SPU スプ メンズ サマーニット 半袖 異素材 ニット 切替 デザイン 半袖 カットソー