洋服も自動販売機で売る時代がやってきました。

 

ユニクロはアメリカのニューヨーク、ヒューストン、オークランドなどの10都市の空港とショッピングモールに自動販売機「Uniqio To Go」を設置し、Tシャツ、ヒートテックなど持ち運びやすい商品を中心に無人販売を開始。

情報源: 【米国】空港にユニクロの自動販売機が登場

 

まずはアメリカの空港からスタートのようです。

急いで飛行機に乗って服を忘れた人がターゲットと書いてますが、本当にそうなんでしょうか。
そういう人はかなりの少数派だと思います。

話題作りと目新しさですね。
やっぱり一回は使ってみたいですしね。

昔ハワイに行った時にホノルル空港かどっかに家電の自動販売機がありました。
これが記事中にあるベストバイのものだったのかどうかは不明です。

私にとっては珍しかったのでジロジロ見てましたが、他の人は特に気にしている様子がなかったので、
アメリカでは普通なのかもしれないですね。

日本はジュースやタバコの自動販売機が多くて外国人の方が驚く、というのを耳にしますが、
日本人としては服が自動販売機で買えるのが驚きます。

しかもそれが日本の会社であるユニクロなので若干複雑な気分です。

日本にも導入してくれるか私がアメリカに行くかどっちかですね。

こうなったら飛行機内での機内販売でも売り出してきそうです。
それはそれで便利そうですが。