ニット
9月に入りいよいよ冬支度ですね。気温は30度を超えてますが。

仏デザイナーのソニア・リキエル(Sonia Rykiel)が、8月25日朝に死去したと海外メディアが報じた。約20年にわたり患っていたパーキンソン病の影響で、パリの自宅で息を引き取ったという。享年86歳。

情報源: 「ニットの女王」ソニア・リキエルが死去、享年86歳 | Fashionsnap.com
ソニア・リキエルが亡くなられたようです。

カラフルなニットが有名ですが、
日本ではオンワードがライセンスで
販売されているようです。

デザイナー本人が亡くなっても、
名前は残り続け
後世に受け継がれていきます。

シャネルしかりクリスチャン・ディオールしかり。

他ジャンルに比べて、
ファッションブランドは
名前そのものが残るので、
人々の記憶に残りやすいのかなと思います。

ご冥福をお祈りします。