第1回は山口県ディスに取られかねない危うさがありましたが、

【連載】「オシャレしなくていい街で、オシャレする。」Vol.1:山口県のファッション事情

第2回は山口県のファッション事情が鮮明になって、
面白さを増してまいりました。

 

  ファッション業界の疲弊が叫ばれる中、あえて地方から“オシャレ”について考える連載企画【オシャレしなくていい街で、オシャレする。】の第2弾となる今回は、スナップを通して山口を活性化させようと活動する大学生の声を聞いた。 関連記事:【連載】「オシャレしなくていい街で、オシャレする。」Vol.1:山口県のファッション事情   【山口にもこんなにおしゃれな人がいるってことを発信したかった】 profile:清水研一 山口大学工学部機械工学科2年。航空宇宙システム工学を専攻している。大学内でオシャレな人にフィーチャーしてスナップを撮る“Y.U.snap”と並行して、各大学の学生が自身の大学の魅力を発信するウェブマガジンである“キャンパスグラフィティ”の山口大学チームの立ち上げを行っている。ファッションや学生生活を通して、山口県を若者の力で盛り上げることを目標に活動している。   -清水さんは、キャンパス内でオシャレな人のスナップを撮影しているそうですが、まずファッションに興味を持ち始めたキッカケを教えてください。   清水:一つ鮮明に覚えているのが、中学二年生くらいの時に、Tシャツとシャツを重ね着している人を街で見た時にすごくかっこよく見えたんです。それ以来いろいろな洋服を組み合わせてコーディネートすることに魅力を感じるようになって、自分自身のこだわりを持つようになってきました。ファッションは自分を表現するものだと思うんですけど、そこにこだわりを持つことってとても素敵なことだと思ったんです。あと、僕は徳島県出身なんですけど、大阪や神戸は比較的アクセスが良くて、そういった街に行くと自然とそこで服を買いたくなって、都会やオシャレな場所にどんどん憧れるようになっていきました。   -いま行っているY.U.snapの活動に関して教えてください。   清水:Y.U.snapでは山口大学のキャンパス内でオシャレな人のスナップを撮って、twitterやinstagramなどのSNSで発信しています。   -清水さん一人で活動しているんですか?

情報源: 【連載】「オシャレしなくていい街で、オシャレする。」Vol.2:街を盛り上げるのは僕たちの世代の役目 | READY TO FASHION MAG

 

「山口にもこんなオシャレな人がいる」
という思いを伝えたいので
ファッションスナップを撮る活動を始めたというのが
素晴らしいですね。

私も田舎出身なのでよく分かりますが、
オシャレな人はおろか
街を歩いている人が少ない
のでスナップを撮るのも大変だと思います。

しかも理系の大学生なんて、

「オシャレ?何それ」

というくらいのリテラシーの低さが目立つので(偏見)、
この彼は相当の異端児ですね。

でも、
異端児だからこそ普通の人にはできないことができる、
この連載がきっかけになって山口をはじめ
地方のファッションが盛り上がっていって欲しいものです。