「Tカードはお持ちですか?」
でおなじみの蔦屋。

蔦屋でおなじみの、
カルチュア・コンビニエンス・クラブ。

ファッションに関してのアンケートを行い、
その結果に私は衝撃を受けてしまいました。

 

『ファッションに関するアンケート調査』男性の3人に1人は、「洋服を擦り切れるまで着る」「洋服代は1カ月に平均3,000円未満」

情報源: ニュースリリース|CCC カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社

 

なんと30%の男性が、
洋服にかけるお金が月に3,000円と答えています。

3,000円って、、
ユニクロやGUでも下手すると
シャツかボトムス買ったらそれで終わりの金額です。

年間だと36,000円。
アウター買ったらオシマイですね。

 

しかも服を擦り切れるまで着る、という男性も
30%います。

そうなるとほぼほぼ洋服を買う機会というのが
1年の中でもそんなに多くなく、

むしろクリスマスやバレンタインデーのように
イベント化しちゃってますね。

一番興味のあることが
「食」でその次に「旅」、

「ファッション」はベスト5にも入っていません。

 

デパートが潰れたり、
ブランドがなくなったりと、
アパレル業界が調子悪いはずです。

私も物持ちが良い方ではありますが、
擦り切れる前に着なくなっちゃうんで
オークションか誰かにあげるかしてます。

今だとメルカリを使うんでしょうか。

 

このアンケート結果を、
ごく一部の意見と受け取るか、
男性の大部分は同じように思っていると受け取るか、

私は襟を正したい気持ちになりました。

そもそもファッションに興味がないメンズが多くなってしまったので、
まずはオシャレを楽しいもの、
食べ歩きや旅行以上に面白いもの、
と啓蒙活動をしなければなりませんね。

まずは身近なところから始めるとして、
ファッションに全く興味のない友人を

ユナイテッドアローズにでも連れて行きます。

で、
そのあと原宿、表参道あたりを練り歩きます。

で、
ネットでも何かしらTシャツとか買わせます。

ショップに行ってもらわないことには
何にも始まらないですしね。

ネットでも服を買うのはとても楽しいんですが、
それはやはり、
好きな人と興味のない人との差なんでしょうか。

まだまだ頑張らないだめですね。