ECも絶好調の
ナノユニバース。

ついにEC比率(全体売上に対するECの構成比)を、
50%にするそうです。

https://d1gqg3pzboxq0p.cloudfront.net/admin/v2/wp-content/uploads/2017/02/21190009/170221_nano_eye.jpg
ナノ・ユニバースは、新規出店のペースを抑え、EC拡充のアクセルを踏む。同社はEC分野の先駆的な企業として知られ、すでに売上高に占めるEC比率は40%に近い。これをさらに50%に高める。

情報源: ナノ・ユニバース、EC比率50%を計画 | WWD JAPAN.com

 

 

既にEC比率が40%というのもスゴイですね。

一般的にというか
多店舗だと、
20%を超えればよいとされているところ、
既に倍です。

確かにZOZOTOWNのランキングでも、
ナノユニバースは常に上位ですし
ネットでも売れている印象があります。

20%なんて10店舗のうち2店舗分なんで
簡単でしょ?

なんて傍から見ると思えるかもしれませんが、
これがなかなか大変なんです。

いろんな理由がありますが
在庫の管理がいちばん大変だと思います。

実店舗で売れるかもしれない在庫を
わざわざネットのために移動させないといけない、

しかも実店舗のスタッフは予算や目標がありますからね。
みすみす売上につながる在庫を渡したくはありません。

ネットはネットは部署としては後発なので
社内での発言力が強くない。

早いところ売上を上げていきたいのに、
肝心の在庫を回してくれない、、

なんて悪循環が起きているケースが多いようです。

単純にセクショナリズムの問題かもしれませんが。

 

そう考えるとナノユニバースは
ネット部門が4割の発言力をもっているということになり、
今後ますます勢いがつきそうです。

ユーザーとしては
欲しいものが買えれば

どっちでもいい

というのが本音です。