ワードローブ
シャレた洋服屋さんにいると自分もシャレた気分になります。

 

昨日紹介させていただいた、
2016年秋冬のメンズファッションのトレンドは
こんな感じでしたね。

  1. レイヤードブーム
  2. クラッシュデニムブーム
  3. オーバーサイズ
  4. モード&ストリート

これら4つの要素を全て満たしてくれる
夢の様なブランドがあるんです。

それが、

FEAR OF GOD(フィア・オブ・ゴッド)

直訳すると、

「敬神の念」

敬々しいですね。

そんな神なブランド、フィアオブゴッドですが、
価格も神レベルです。

タンクトップやTシャツで1万円、
ブルゾンやジャケットで5万円、
そして、、
クラッシュデニムで10万円!

 

こんな感じです。

中古なのにプレミア付いて
34万円という
気軽にお店に入ってゴメンナサイな
プライスとなっております。

元々生産数が少ない上に、
人気が出過ぎて
需要と供給のバランスが崩れてしまった
影響ですね。

昔、そしていま話題のキムタクが
ドラマで着た服が
品薄で価格が高騰しちゃった、
というのと同じ現象が
このブランドにも起きてしまってます。

アメリカのブランドですが、
アメリカのセレブが好んで着用したことで、
人気に火が付いた模様。

 

最新メンズストリートファッションの着こなし【FEAR OF GODから】 | DAYSE

 

上のサイトでとても分かりやすくまとめられてますが、
クラッシュデニム以外に、
レイヤードスタイルや
モードとストリートの融合もバッチリです。

では、
このフィアオブゴッドの人気に火をつけたセレブ、
それは一体誰なのか、、

今やラッパーではなく、
ファッションアイコン
としてその名を轟かせているアーティスト、
もったいぶって、
次回のブログで紹介することにします。