なかなか興味深い連載がはじまったようです。

 

  世界的にも注目されているファッション都市、東京。それぞれ個性的な特徴を持つ名古屋・大阪・福岡。こうした都市部から様々なメディアを通じて全国へと発信されることが当たり前になっている今、あえてオシャレとは無縁に思える田舎に住む、大学生がファッションを考える。そんな地域密着型新連載企画「オシャレしなくていい街で、オシャレする。」の導入となる第一弾は、山口のファッション事情を紹介!

情報源: 【連載】「オシャレしなくていい街で、オシャレする。」Vol.1:山口県のファッション事情 | READY TO FASHION MAG

 

 

「オシャレしなくていい街で、オシャレする。」

なんと明快で分かりやすいタイトルなんでしょうか。
私も地方出身ですが、
2ちゃんねる的にいえば、

禿げ上がるほど同意。

です。

オシャレする必要がないんですよね。
元々オシャレやファッションに興味があれば
好き勝手やってもいいですけど、

たとえばモテたいとか人の視線を気にするとか、
必要性が東京のような都会に比べると
限りなくゼロに近いんですよね。

なぜか。

どうせ回りのみんなほぼ知り合いだし、
私服で出かけるところなんかたかが知れてるからです。

今だったらユニクロもどっかしらにあるし、
何と言ってもAmazonやZOZOなど
ネット通販が充実しているので
何も困ることがありません。

ちょっとなんかイベントがあるとか、
隣町の比較的都会に行くときなんかに、

ZOZOでささっと買っちゃえば事足ります。

良い時代になったもんです。

 

連載の第1回に山口県が選ばれてますが、
「ショップと若者が少ない」
というのは都市部を除く地方だと、
もれなく当てはまることかと思うんですが。

若者が少ないからショップが少ないのか、
ショップが少ないから若者が少ないのか、

にわとりかたまごか的な話になりますが
いずれにしても

どっちも少ないのは間違いありません。

ただ、ショップが少なくても、
ユニクロはある。

ということは
地方も含めて日本人のほとんどが、
ユニクロを着用していると、、、

改めてユニクロの凄さが分かります。

 

ちなみにユニクロの本社は、
山口県です。