去年の11月にパルコが閉店してしまった
千葉県ですが、
この3連休の最終日、
三越も閉店となりました。

 

 県都・千葉市を代表する百貨店の一つ、三越千葉店(中央区)が20日で営業を終えた。33年間、市民に親しまれ、最終日も多くの人でにぎわった。同市では昨年11月に千葉パルコが閉店しており、相次ぐ大型店の撤…

情報源: 千葉三越、33年の歴史に幕 「ありがとう」の声と拍手:朝日新聞デジタル

 

33年ですか、、

0才の赤ちゃんが今では
いいオッサンですね。

三越伊勢丹といえば
先日大西社長が退任されたばかりで
なんとなく
ネガティブなニュースが続いている
印象です。

アパレルメーカー、
アパレル小売、

このままどんどん縮小していくんでしょうか。

業界人としては寂しい限りですが、
このまま指を加えて
黙ってみているわけにはいきません。

起死回生、
乾坤一擲、
神頼み、

ニュートンのりんごのように
ある日突然、
アイデアが空から降ってくるはずです。

 

そんなわけで、
完全に人頼みな私です。
こういったデパートや
お店の閉店のニュースをみると、

最終日は賑わうんですよね。

もう行けなくなるから
最後くらいは行きたいという
気持ちはよくわかりますが、

普段から行っていれば
潰れることもなかったのに、

なんて思っちゃいます。

 

お店側のほうも
お客様に足を運んでもらえるほど
魅力がなかったということになるんですが。

結局、
ニーズがないものは淘汰される
ということになるんですが
寂しみが募りますね。

三越千葉店の跡地が
今後何になるかは不明ですが、

Amazonの倉庫にして
受け取りも可能にしたほうが
ニーズがありそうですね。